コミケ89っと その1

てことでもう1週間以上前ですが冬コミどうもでしたー。
相変わらず時間を追って書いてこうかと思いますが、今回は出来事かなり少なめだったので淡々といくかと。どうにしろただの備忘録なので読み飛ばし推奨かと思いますー。

一応状況をまとめておくと、今回は新刊があったものの自サークル参加ではなく委託で出すことになってて、安隠庵さんのとこに本を置かせてもらうことになってました。
で、印刷した本は自家搬入にしたんで、前日にとりに行くことにしてました。

今回はふたごさんちには行かずに当日現地集合で行ってみることにしたんですが、当日の朝に、昼も見据えてどっかで買い物をしていこうと思ったらちょうど降りた街がコンビニすら開いてない所でさまよってるうちに待ち合わせ時間+15分.。すみませんでしたね。
で、着いたらふたごさんとU-Nonさんと合流。一緒に会場内へ。
会場内へ入ったら隣の桜燃センセのスペースは、先に入ったはずなのに桜燃センセおらず。見れば分かるように設営道具を出してあったらしいけど、割と分かりませんでした。安隠庵の設営はちっょと手伝わせて頂けてこんな感じに。


人のスペースながら結構堂々と置かせてもらいました。あとスティックポスター風の垂れ幕も下げさしてもらいました。

そうなんです。ポスター。
今回、珍しくポスターなんてのを作ってみてました。


そもそもの始まりは、合同本の原稿入稿が早かった○さわセンセが、入稿ついでに販促用にポスターっぽいのを作ってくれてて、「ほう。こういう手もあるのか」って思いながら、これを印刷していけばいいかーって思ってたんすね。で、だんだんイベントが近づいてくると、艦これスペースで売れるのかとか、安隠庵は本が沢山あるからテーブルの物は増やせないんじゃないかとか、大きい方が目を引くんじゃないかとか、色々考えた末、前々日の夜中にちゃっとこさえたのでした。
各作家さんの絵を選んで、色を塗って、並べてってってだけといえばだけだけど、集中しっぱなしで3時間なのでまあまあ大変でした。トーンを結合された原稿への着色だったので塗りつぶしツール使えなかったしね。なので細部はちょくちょく適当です。通行人はそんな細かいところ見ないだろうし、何しろ寝たかったし。
あと、写真じゃ分かりづらいかもですが、幅17.5cm、長さ60cmのポスターです! 別にこのサイズにあんまし意味は無くて、ただ家で持て余してた模造紙の切れ端のサイズがこのサイズだったからなんですね。現地で貼った感じまぁまぁ良い長さだったんで結果的には良かったなーと。
ちなみによんち印刷では短辺長さ20.6cm、長辺長さ131cmまでの長尺印刷が可能です! スティックポスターを自作したいなって事があったら言って下さいねー

脱線しましたが。10時になり開場ー。あ、その前に桜燃センセはちゃんと帰ってきました。吹雪本だけに吹雪きコスの売り子さんがいたり、華やいだスペースでしたねー。
で、始まったけどサークル主を差し置いて出かけるのもなーと思いつつスペースで待機。
と待機してたら、小二十病のEP-PADさんと、パリジャンさんが来てくれました。パリさんは今回もチャー研東方合同本に寄稿してもらえたので本あげたりしながらちょい話してました。
マジアカって聞いてたのであんまり近くないのかな?と思ってたら3,4列向こうにいたみたいで。午後は遊びに行かせてもらいました。
ちなみにその時、コミケのスペース名にはひらがなとカタカナがあるっていうのを初めて知るという事案が発生。てことは東方は西館かぁ…
とかなんとか言いながら午後は西館に行ってみたり。コミケで西館に行くのはそれこそ10年以上ぶりだっだなぁ。
午後行ったからだろうけど思ってたほど遠くなかったような。あとイメージ以上に西館も広かった。変則的な形だから使いづらそうな感じがしたけど。…て思いながらコミケ公式サイトを見たら、西館はまったり進行気味になりやすく、かつ島が短いから細かい分類が多いジャンル向きとのこと。ほう。今度の東方はどうなるんでしょうねぃ。おそらく2日目土曜日らしいけど。
行った先ではぽぽいえさんがいたので少しお話しさせてもらったり。ペーパー頂いちゃったり。ありがとうでした。
で、東館に戻ってきてからもう一度小二十病に行ったら、留守番要員を待ってそうなEPPADさんがいたので代わりに留守番を。なんて行って留守番をしてるうちに3時半ぐらいになってて、戻ったら撤収作業が始まってたり。
ちなみにうちの本はと言うと、立地の悪さがあくまでフォローしきれず割と冗談じゃない感じに鳴かず飛ばずでした。まぁその他にも色々と予測を見誤ったりもしたんで仕方ないかなぁといった感じ。第二第三のイベントがーって感じでまたどっかに持っていくと思うのでその時はよろしくくださいませー。

と言ったところでイベントは終了ー。
ここで桜燃センセとはお別れし、チャー研東方合同の著者さんたち+EPPADさんで打ち上げに。
久しぶりに月島でもんじゃ食べるのも良いよなぁと思って、店選びで失敗しないように調べたりもしてたけど、人数が月島もんじゃ向きじゃなかったんでふたごさんが紹介してくれた門前仲町の飲み屋になりました。ほらもんじゃって4人単位のテーブルだし、タクシー乗って移動するにも4人単位だし。その点門前仲町はバスで行けるからのんびり。
イベント自身には来れなかったけど打ち上げのみって事で○さわも駆けつけてくれて、なかなか賑やかな打ち上げでしたねー。紅ショウガ天うまうま。
途中でEPPADさんが帰れなくなっちゃうって事でちょっと早く抜けたけど、それからあまり経たない時間に解散になりました。
その後ふたごさんと新宿まで一緒に行ったついでにCHUNITHMのプレイを見せてもらったり。気にはなるんだけどeAMUSEMENTで遊べないのがなー(←当たり前)。どうせ新しいICカードを買うならなんか変わった絵柄のが出たりするだろうしそういう時に始めたいと思ったりするのです。

て感じのコミケ89でしたー。毎度毎度少しずつ記事が短くなってきてるような。会う人が減ってるんだなぁ。まぁ仕方ないよね。
今回は久しぶりに印刷屋で刷ってもらった新刊があったのでまあまあテンション高かったりするので、次の記事も例によって頒布した本の内容についてでお送りしますですー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。