トラックドライバーに、俺はなる!

前回までのあらすじ

ぷらぷらと出かけるのが大好きなよんち。車の免許を高校卒業早々にとったが家の車の運転が難しくてしばらくは車には乗っていなかった。だが転機となったのは家の車が赤いFitになったことで運転が楽になったこと。一人で出かける味をしめて以来、職場の同僚と出かけるとき、なんとなく車に乗りたくったとき、終電を逃した知り合いを家に送るとき、職場で着てるコートを持って帰るとき……車で出かけるのが好きだったから、なにかとつけて出かけてた。その赤いFitがのちの血塗りのFitと称されるまでは。
ある日、仕事半分の用事で車で出かけた時、間違えて一方通行を逆走したことに途中で気づきバックしてたら電柱にぶつけて大破。一度はまた車に乗ろうとしていたが父様のアツい説得で自動車運転から足を洗うこととなった。それ以来(父様におすすめされて10km程度乗ったことはあったがほぼ)運転はしていないよんちであった。
──カッコ書きがなんか微妙なのは気にするな。
前回とかそういうストーリー仕立てではないんですがね。バックで大破した話と、その後10km程度乗った話は記事があるんでストーリー仕立てされてるといえばされてるんだけど。

そうは言ってもやっぱ乗りたい

リンク貼りがてら読み返してたんですが、あの時もそう、今もそう。車で出かけたい気持ちは実はずっと変わってない。
じゃあ懲りたかといえばそれほどではなく、むしろこんなことを思い続けてる時点で都合のいい記憶が美化されてしまってすらいるのではないか、と。
あまりにアレなので車載ドライブ動画とか見まくってた時期もあったんですがやっぱり満たされない。やぱり運転したい(←ほんとに懲りてない)。

てことで乗り物ゲームとして、かなり昔に大学のパソコンにインストールして遊んでたバイク便のタイムアタックできるゲームをうちのパソコンにもインストールしてみたり。昔ハマってただけあって面白いは面白いんだけど、警察官が見てないところでは速度違反・信号無視をしてタイムを削る必要があるんで、ちょっと今遊びたいゲームとは違うなぁ、と。
で、ネットで探してみることにしました。ただやっぱレースゲームは相性がよくないんですね。これ以上あらくれたって仕方ないでしょや。
てことであるのか知らないけどドライブゲームとかないかなーと探すと、ありましたありました。
リアルな風景を楽しむながら旅するドライブゲーム7選(STEAMゲームおすすめまとめ.com)
まぁいろいろ載ってるんですが、その中でもEuroTruckSimulator2(以下ETS2)がね。そういえば大型車って憧れてた。あのちょっと大回りしてカーブを曲がっていくところとか結構いいなーと思ってた。
ETS2はトラックドライバーになって都市から都市に移動して荷物を運ぶゲームで、最初は一人親方状態なんだけどお金を貯めると自分でトラックを買えたり、さらに貯めるとガレージを拡張して従業員を雇えたりとドライブゲームだけじゃなく会社経営シミュレーションゲームの要素もちょっとある感じ。
実際のヨーロッパに地図レベルで忠実に再現されてるらしく、ただ遊びやすいように縮尺が調整されてて、夜通し走っても遊んでる時間は1時間程度。うん、時間もちょうどいい。
なにより運ぶ荷物によっては多少急ぐ必要はあるとはいえ、基本は安全運転をするゲームなのがいい。

体験版があったんで少し遊んでみたら少々かくつくし、なによりマウス(ハンドル)とキーボード(加減速ライトワイパーウインカーなどなど)での操作がすごく難しいけど、総じて運転してる感じがすごくいい。
て体験版をかみしめてる間に割引セールがされてたみたいで、例年あと1カ月したらまたセール始まるみたいなんで待つことに。
……待てませんでした!定価で買いました! あといくらか遊びやすくなるようにPS4コントローラ買っちゃいました! 間つなぎに先述のバイクゲームやったんだけど比べちゃうと全然おもしろくなくて。

トラック奥深い

てことでヨーロッパをトレーラー牽引りながら走り回ってるよんち。最初は雇われ運転手だから雇い元の会社が用意したトラックに乗って仕事するんですが、左ハンドルのトラックが運転しづらいことしづらいこと。なので自分のトラック買うまではイギリスに引きこもってました。左側通行&右ハンドル万歳。とかいいながらロータリーは内輪差が難しくて縁石乗り上げちゃったりするんですがね。深めに入って、回ってる最中は外ギリギリを走って、出るときは頭を振って出る。出入りで併走する車に気を付けたり忙しいんですよ。いゃぁ楽しい。

そんなこんなで、カーナビ設定間違ってわけ分かんない僻地で輸送期限を迎えつつ睡眠不足で運転不能になったり、交通事故通行止めで迂回したら期限を過ぎちゃったり、間違って2回連続で寝ちゃってめちゃくちゃ遅配したり、色々あったけど、はや3週間、楽しく遊んでます。てか遅れてばっかりじゃないか。3週間とは言えどもほぼ毎日やってるのでその間に、自分専用のトラック買って、トラック停めるガレージを拡張して、もう一台トラック買って、従業員雇うとこまで進みました。ちなみにヨーロッパのゲームなので日本車はなくて、そのなかでうちが選んだのがボルボ。内装がベージュでかわいい。あとエンジン音が独特でいい。

そんな感じです。なので最近全然絵描いてなかったりね。えへへ。

あともう一つ音ゲーも買ってるんだけどそれはまたいずれ。

香川県に行ってからというもの

マイルで香川に参る

実は丘マイラーでして、何かとつけてマイルが貯まるように買い物をしてたりするんすね。マイルに関連付いてる電子マネーをやたらと使ったり。そんなこんなで貯まったマイルでサークルの人らと福岡遠征したりしてたんすが、このたび有効期限になるマイルがあったんで一人で香川県に行ってきた、と。
ちなみに6000マイルぐらいしかなくて、タダで飛行機のるには倍ぐらい必要なんだけど、JALの「どこかにマイル」ってやつだと6000で往復できるんですね。ただ行き先は自分では決められないガチャみたいな感じのやつで……──語り出すとこれで1つ記事が書けるぐらい好きなので詳細は省きますがよかったら調べてみてほしい。結構おもしろい企画商品なので。

で、行ってきたんです。香川。2年前に同じ企画商品で徳島に行き、その時は隣県ながらいずれ香川に行くつもりだったのであえて徳島に引きこもってたけど、やっぱり徳島より見所たくさんあってよかったです。
一応ちょっと徳島の弁解しておくと、公共交通しか使えずオフシーズンのさなかの2泊2日だったらみんなもそんなに楽しめないんじゃないかなと思いますよ。それにトクシィとかちょぞっ娘とか徳島のご当地キャラは羨ましいですよ。

それましたが。旅行で今までそれなりにいろんな所に行ってきたと思ってたんですが、四国の二県に行って都市圏外を侮ってたなーと感じたことがいくつかあったんで筆を執った次第です。スマホで打ってるけど。

都会の息がかかってない街は未だにICカードを知らない

世界のキャッシュレス化に遅れを取ってるとニュースで聞きながら、waonだとかauWALLETとかクレジットカードみたいな見返りがある電子マネーをぼちぼち使ってくうちに、財布に小銭を常備しなかったり、財布から小銭を出すことを手間と感じるようになってたみたいなんですね。昔は小銭好きだったんだけどな。
個人経営の食べ物屋で使えないのはわかる。お土産物屋で電子マネーを使えないのもまぁわかる。電車やバスで使えないのは分かってたつもりだけど意外に不便だった。バスなんか特に降りるときまごつく怖さ、すごく久しぶりに感じた。
あまり考えてなかったけど、確かに電子マネーが使えるってことはそれなりの早さの通信端末がそこにあるわけで結構ハイテクなんだなぁと。

昭和版の観光名所の作り方に依存してる

大人数で乗り付ける観光地作りというか、個人旅行でなんとなく歩いてたらふと見つけちゃうような旅行のことが考えられてないんだなぁと。いかにもな観光名所がない街って大抵自分の街に来る観光客がどんな所を珍しがって来るかなんて気づけないわけでそうすると仕方がないことなのかもだけど、都会視点で非日常に感じる景色ってだけで少なからずフォトジェニックになるのにと思ったりします。

なんだかんだ国内観光客も戸惑ってる

あくまでうち特有の与条件なんですがやっぱその土地の公共交通機関って難しい。バスの乗り方降り方、目的地に行けるバス停、電車の乗り方降り方、目的地に着く電車の来るホーム、駅の入り方、東京と違うルールっていうか東京が特殊なんですが、難しいかったですよね。
今回行った四国の場合、高松で乗ったことでんはこれまで行った広島とか京都のレベルで乗れたんだけど、JR四国が難しかった。
まず駅員がいる駅から駅員がいる駅に移動する場合、普通にきっぷを買うだけだからわかる。電子マネーも東京の勝手で使える。
ただそうじゃない場合の条件分岐が複雑すぎる。

リアルタイムで困惑するよんちの図。ほんとに電車のなかで検索しまくってたし、駅の停まるたびに降りる人を参考にしたくて周りを見回してた。裏取ろうと思って今ちょっと調べたらルール少し変わったみたいだけど、空調の効き具合の話をしてたので多分乗りやすさは変わらなさそう。
やっぱり慣れに頼ってる乗り物は難しいですよね。ただよそ者の利用が多い鉄道会社は工夫したほうがいいなーと。

上のtwitterの調べごとをしてた電車で、しばらく停まってる時間があったときにカップルみたいなのが乗ってきて、乗務員と
カ「岡山ってこの電車で行きますか?」
乗「この電車は高松行きだから」
カ「岡山には何に乗ればいけますか?」
乗「だからこの電車は高松に行くの。この番線からは出ないから掲示板とか見てよもう」
とかやり取りしてて、カップル少しキレ気味で、言われたとおり階段渡った反対のホームに向かってたものの、同じホームの隣の番線に岡山行きの電車がくるっていう。これはさすがに乗務員不親切だよなぁ。
日本人がこんな状態ってことは外国人はもっと意味がわかんないだろうと思う。うーむ。

はい。実は途中で書くのを投げ出しちゃってて去年の11月に行った旅行のことを年明けてから4月になって書いてるっていう状態なんですが、こんなことを思った次第です。
別に田舎だなーとかそういう事が言いたいわけじゃなくて、都会モノの観光客を呼び込みたい人たちのヒントになればと。って考えだったと思う。

うーん、何を書きたいか忘れてしまったブログを投稿する意味とは…。

日本はいい国だなと思う

なんか怪しげなタイトルですが、社会問題とかじゃない話ですよ?

いやほんといい国だなって

この間映画を見に行ったんですね。で、ちょっと時間があったんでその前に本屋に行ったんすよ。漫画買いに。
ちょっとマイナーな漫画っぽかったんで在庫があるか調べながら向かったつもりが、調べ終わる前に着いちゃって、トイレ行きたかったのもありトイレでもちょっとスマホいじってたんですね。

勘のいい人はお分かりでしょう。本屋のトイレでスマホを落としたんですね。
本を買って、映画館に向かいがてら時間があるからゲーセン行こうかなとか思いつつゲーセンの場所を調べようとしたときに気付いたっていう。
で本屋のトイレに向かうもそこにない。持ってかれちゃったかなぁと思いつつ本屋に訊いたら、ビル総合受付に届いてて渡せるとのこと。おー!
総合受付でビル警備員の立ち会いのもと受け取ってなんとか事なきを得ました。

海外がどうかは分からないけど、聞くところによると電車で寝たら鞄はなくなってると思えとか、ポケットにはすられていいものだけいれろとか、エレベーターは独りで乗るなとか、色々言うじゃないですか。日本もなんだかんだいいつつ昔ほど安全じゃなくなったとか言うじゃないですか。
そんななか数万する機械がどこかで売り飛ばされるではなく、かといって放置されるではなく、ちゃんと届けられてるってすごいことなのかなーと思うわけです。日本っていい国なんでしょうね。
助けてもらったからには自分もいい人でなくてはね、と思った、今日のわんこでした(違)。

いい国であろうとしたその時

そんなほかほかした状態で映画館に行ったんですね。全然混んでなかったんで真ん中辺りの席に座ったりして。ちなみに見たのは天気の子でした。
それについては年末のブログで書くつもりですが、でも「隠れなきゃ」とか言ってるタイミングで携帯が鳴ったりしてるんすよ。そんな鳴らしちゃ見つかっちゃうよぉ…!とか思ってヒヤヒヤしたけど、どうにか見つからずに済みほっと安心。
…でもさすがにあんな携帯鳴ったらさすがにばれるのでは?とちょっとした違和感も覚えながら映画は終了。おもしろかった(なに見ても言ってる)
で帰ろうとしたところ、イスの下に見覚えない携帯が。んー?

そしたら出口からおじさんが入ってきて
「あー!その携帯私のです!すみません!」
と。つまり映画の途中でいい感じの緊張感(とちょっとした違和感)を味わわせてくれたのは、前の上映で同じ席に座ってた知らないおじさんの携帯電話が鳴ってただけなのでした。

あまりにも既視感のある光景。ここはいい人でなくては。
いやーなんか映画の音にしては変なタイミングで鳴ると思ったらまさかあなたの携帯を踏みながら見ていたなんてね。あはは。

「いやいや普段あまり持ち歩かないもんですから、後ろポケットから落ちちゃってたのに気付かなかったみたいで。スマホすらろくに持ち歩けないなんてやになっちゃいますよね…」

あーそれなら自分も2時間前に本屋のトイレにスマホ落としたんで、人のこと言えないですってー

「ははは。じゃ私あっちなんで。すみませんどうもありがとうございました。」

どうもー。

というやりとりの中ではたしてうちはいい人になれていたのかは分かりませんが。むしろやべぇ奴だなぐらいに思われてそうですが。
でもこれ以降他人の落とし物を届けるとか教える事のハードルをいくらか感じなくなった気がするんでよかったなと思った。今日のわんこでした(違)。

秋季例大祭6ありがとうございました

ありがとございましたー。
イベントから1ヶ月以上経ってますが、下書き状態のまま忘れちゃってたのを今更公開したっていう。えへへ。

相変わらずブログ周知もサイト周知も間に合ってなかったんですが、第六回博麗神社秋季例大祭に出てました。しかも本も出してました。まぁTwitterやpixivを見てないけどサイトとブログは見てるっていうてこまいフリーカーは地球上にいないと思いますが、今回の本はうちが単独で描いた本の断トツ過去最多ページだったんですよ。てか合同本を含めても最多規模な気がするページ数、中身38ページ。38ページも漫画描いたんだなぁってうちが一番驚いてるっていう。

うちのブログの慣例だと、自分の納得いく数を頒布できたら本のウラバナシ(←こんなネットでウラもなにもないのでは)を書いてるんですが、中身が未完成の状態で出した本だったりするのと、改めて印刷屋に頼んで再販したいと思ってるんで、その辺の話は再販後ってことで。

いやでも、15部持っていって11部読み手にもらわれていったのは嬉しい。ちょっと前の売れたことないって状態から、だいたい1イベントあたり10部前後ぐらい頒布できるようになったとはいえ、あんまりみんなの興味をそそる宣伝を打てなかったなぁと思ってたんすよ。それでもたくさん買ってもらえてよかったです。
あと頒布の感触については、今回はいつに増してふらついてたのと、別サークル参加だった〇さわ方の売り子をしたりもしてて実はあまり自分のサークルにいなかったんですが、みと曰く舐めるようにじっくり見てから買ってく人が割といたとのことて、中身を見て納得して買ってくれたってのが(直接見てないけど)嬉しかったです。
前回のいがいとは買い手に目に届く表紙をじっくり追求して作ったんですが、今回は対照的に表紙にかける時間が著しく無くしかもオリキャラを載せないといけない気がしたりして、結果的にあまりいい表紙にはならなかったと思ってたんで、手にとって頂いた方が最終的にどう思ったのかは一旦置いておいて中身を評価してもらえたんだなって。

まぁなんやかんや言いますがすごく嬉しかったってことです。先述ですが、もうちょっと手を加えて完成させたいと思ってますんで、今後のイベントで見かけた際は買ってもらえたらなーと思いますー。

よんちのSF

電車の中で見かけた広告。

「大学生に、ノートPCはいらない」 日本マイクロソフトによるSurfaceの宣伝広告がインパクトあると話題に(ねとらぼ)
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/02/news023.html

マイクロソフトがパソコンいらないだって?と思って読んでみたら、攻撃的だけど賢い広告だった。
確かにいらないかもしれない。そんな大学生生活もありかもしれない。ってタイトルの広告で、ほんとにパソコンがいらないと思ってる高校生大学生に同調してるような雰囲気が出せてるし、パソコンがいらないわけがないのにマイクロソフトどうしちゃったんだって人達の興味は引ける。抜群の掴み。
そこからこの動画を大学生クリエイターが作ったっていう紹介と、パソコンを持ってる学生の優位さを語ったり語らなかったりしながら、パソコンを買わせるCMにシフトしていく。おもしろい。
ターゲットを的確に見定めた上で挑発しにいく姿勢すごい。しかも大学生の漠然とした将来の不安を突いてきてる。いやほんとはみんなボランティアサークルに入るとか新聞をよく読むとかこつこつ勉強するとか知ってるはずなんだけどつい遊んじゃう。そこで差を見せつけに来てしかも「パソコン持ってみないかい?」という案外お安い提案。これでどれだけの人がパソコン買ったのか知らないけどいい広告だなーと思った。

正直うちも、漠然とだけど世の中の多くの人はパソコンいらないだろうって思ってた。周りの人に「どのパソコンがオススメなの?」と訊かれると、その人の用途を聴いた上でタブレットの提案をするケースも用意してて、数割は実際タブレットを買ってた。
あと大学の先生に聞いた話、最近の学生はスマホを毎日いじり続けてるんで、うちらの世代以前の通説だった「書いて覚える」ができないらしいんですね。だから板書もノートじゃなくて、パソコンでもなくて、スマホでするとのこと。まぁうちもスマホのフリック入力の方が早いなーって思うこと時々あるけどね。

でもですよ。そうすると、もう数年したらそのうち職場に来る新人はキーボードの配列が分からないとか言う人が当たり前に入ってきそう。うちが昔職場で遭遇したスペースキーが分からないおばさんへの説明方法の苦悩(スペースキーはキーにspaceって書いてない)が再来してしまうんではないか。ぐおー

でも、そのうちUSB接続のスマホ画面状の周辺機器が発売されて、パソコンでもフリック入力できるキーボードとか使うひと出てきそう。それがバッテリー式の無線になったらその辺に詳しくないおじさま(おそらくうちら世代)が職場で「仕事中にスマホで遊んでんじゃねえよ」とか言っちゃって、んでその若手が「は?パソコンで文字入力してるだけなんですけど。そもそもスマホが遊ぶ機械っておっさんの常識で話しかけないでくれます?」とかいうやりとりが繰り広げられたり。

…というSF。
SFってこういうのじゃないっけ?

仕事の話

よんち。ついに異動! ぬふー!! わふー!!
今の部署、部内ではあまり評判が良くない部署なんですが、今いるメンバーで最長の7年いたんですね。普通3〜5年と言われる職場で7年も。しかも希望したわけでもないのに。よっぽど引き取り手がいなかったのか、ろくに金を渡さなくても働き続ける都合がいい人材だったのか、まぁそこはよう分かりませんが。そんなことはどうでもいいんです。もう異動するんで。

てことで来年度は一般的な忙しさの部署なので、かなり定時付近帰れる見込みです。ちょっとみてたら今の人たち17:40になったらいなかったんっすよ。まぁ今いる人達みたいにてきぱき器用に仕事出来ない、っていうかグズなんでちょっとは残ったりするかもだけどいまみたいな0字間際ってことはなくなると思う。

となると時間が出来るんで色々やりたいですね! 漫画描きたい。長いやつ。そのほかにもいろいろしたいですよねぇ。ドキがワクワクー。
ということでとりあえず報告まで。以下現在の部署の話。ミセモノじゃない、記録として書いたものなので面白くないです。

続きを読む 仕事の話

タイトル付けるほどじゃないこと

タイトルを付けるほどでもないことを色々と。

γ最近ブログが活発じゃありませんこと? と思ったそこのあなた。キラーン(某修造)。スマホを入手してから2年弱、移動中のスマホでブログ書けばいいんじゃないかと思い至り、ブログのアプリをインストールしたんですよ。いままでコンコレしたりメール読んだりしてたけど、デイリー消化してメールも読み終わっちゃったような時に書けるんでいいですよね。
だからといって書くようなことがあるかというと、ブログ毎週更新してた頃に比べて残業は増えたし、ついでに遊んでるゲームも増えたし、語るような出来事は以前に増して起きてないし。なのでさすがに毎週は書かないかなーとは思いますが、2018年みたいなことにならないようにはしたいと思ってますんで、よかったら時々おつきあいください。

γブログの内部の話題。このブログ、wordpressってやつを使ってるんですが、それのバージョンが上がって書き込み画面の雰囲気ががらっと変わったんですよね。いままではHTMLを直入力してたんで、使い方間違ってそうなタグで補足とかドロップキャップ風の表現とか使ってたんですが、しつらえられたエディタで編集するとそれは入れづらい。HTMLモードにすれば入力できるといえばできるんですがね。てことで、話題を区切るパーツのはさみ方が変わってたりします。内容に響く話じゃないけどそんな変化がありましたよ、と。

γサイトの改装を漠然かつ散漫にと考えてみたりするという。そんなスタンスなもんでなにもまとまってませんが。
今のサイトは2007年改装した4代目なんですね。インデックスは一回見た目を変えたけど、ブログパーツが減ったりサークルサイトのリンクが増えたりしたなんてのは微々たるものだし、各ページの文字コードを変えたり、メニュー部分をいまさらSSI使ってみたりしたけど見える変化はないし、古典的な個人サイトとして残っちゃってる状態だったり。
てこまいが今の見た目になってから今までの間には、pixivが出来てイラストもSNSで見せあう時代が来たり、VOCALOIDがはやり始めてネットでオリジナル音楽を聴いてもらう環境が整ったり、ニコニコ動画が出来て版権素材を自由にいじった動画を誰もが作れるようになったり、TwitterでSNSがこれまで以上に繋がるためのツールになったり、Instagramで誰かに見てもらうための写真をみんなが撮るというクリエイティブな側面が注目されるようになったり…
なんて、唐突にここ10年ぐらいのネットの変革を適当に辿ってみちゃったわけですが、てこまいはその全ての変革が起きる前の状態のままここまできちゃってるわけです。
元も子もないことを言うと今時個人サイトなんて変革乗り遅れ以前に古典芸能というか絶滅危惧種というか、そもそも作業量に対する効果から考えれば閉鎖しない理由がないツールなわけですが、まぁそこはね。いじるのが楽しい訳なのでね。続けていきたいとは思ってるんすよ。全然いじってないけど。
まぁそうは言ってもうちもpixiv始めたし、TINAMIにも投稿してるし、Twitterやってるし、ほぼ更新してないけどニコニコ動画にも動画あるし…みたいな感じで色々と情報が散ってるのは問題だと思うわけですよ。それに同人始めたんでサークルサイトなんて情報もあるわけだし。
なのでてこまいはそういった散ってる情報のポータルサイト的なインデックスにしたいと思ってます。散漫かつ漠然と。
欲張るならサイトの中身も今時風に改装したいけどその辺は置いといて、インデックスだけでもいじりたいなーと。

■タイトルは付かなかったけど、中身が意外と長くなった。語りたいことはあったってことかね。うーむ。

2018総括みたいな

ブログ更新しなさすぎてなんなの、みたいな状態になってますが、まさかよんち死んじゃった?とか思ってる人──はいないだろうけど、いたらアレなんで、近況報告をしてみたり。てか2018年総括みたいな感じの記事。

今年は同人活動が活発でしたよね

まぁTwitterでそれなりつぶやいてますが。7月に松阪で開催された鈴奈幻想絵巻で、ものそい久しぶりに単独で本出しました。いままで冗談抜きに買ってもらうエクスペリエンスがなく、ていうか手にとってもらうエクスペリエンスすらない本を数冊作って、しばらく本を出してなかったんですが、周りからも勧められたし、自分なりに本の作り方の思考は深まってたし、あの時から環境も整えられたんで今回制作に至りました。

その本の話はもうちょっと都会のイベントに出してから書こうかなと思ってたんで中身的な話はまたそのうち。てか諏訪の風神録オンリーは昇任試験と日程かぶって行けなかったり、京都オンリーは並べられなかったりで、そもそもあまり頒布機会もててないのももどかしいんですって。都会で頒布したい。

あと職場旅行にかぶって広島行けなかったってのがメラメラ案件ってところは文脈的になんにも関係ないけど特筆しときます。許すまじ。

仕事関係もなかなかでした

去年度のどったんばったんが6月ぐらいにやっと片付きまったりしてたら、また9月ぐらいから怪しくなってきて12月は割と去年通りの状態になってたりします。なんでなんだろうなぁ。

まあ仕事の愚痴書いたらきりないんで置いといて、毎年受け続けてた昇任試験にやっと合格しました。主任だそうです。まあ今年から試験科目が減ったんで最高の難関だった法律関係はあくまで勉強せず合格したんですが。公式チートですやん。 ただ去年までは主任ってヒラの上の方ってだけのポジションだったんですが、今年からヒラの上の方を数年経て肩叩きで係長に自動昇任ってオプションが付いちゃったらしいという。偉くなりたくないんだけどなぁ。あまり欲がないから給料が上がらないのも問題ないつもりなんだけど。てか自分で言うのもなんだけど知らない間に偉くなってそうでやだなぁ。

その他的なとこ

プリンタの買い換えですかねー。大きい買い物だったんで記事一つ起こしたいと考えてるけど、はてさて。
スクフェスで手一杯だから音ゲーはもう増やさないつもりだったけど、バンドリ始めました。上から等速でノートが降ってくる音ゲーってやっぱ好きだな、と。周りによんち絶対はぐみだと言われ続けてたけどイヴでした。イヴいいよ。 

てことで。まとめるとこれだけの内容にしかならない2018年が終わろうとしてますし、おそらく取るに足らないであろう2019年がまもなく始まりますが、引き続きよろしくって感じです。

Amazonを失った(意図的)あとのうち

最近Amazon全然使ってないんすね。
てこまいフリークの方ならご存知でしょうが、てこまいって一時期、Amazonの検索窓が付いてたんですよ。いわゆるアフィリエイトってやつで、そこから買い物すると紹介報酬として数%の見返りがあるシステムだったんすね。で、うちの周りの人たちでうまく使ってたんですが、使い方がAmazonの規定に合わなく、強制退会になったのが1年前。
あくまでアフィリエイトを退会させられただけで、普段の買い物はできると思うけど、罰金の上乗せとかあったら嫌だし、こちらで招いたこととはいえ一発強制退会は気分よくなかったし、そういえばAmazonに色々思うこともあった
なんてことがあったから、この機会にAmazonじゃないところで通販生活してみようかな、と。
ちなみに、うちは実物を見ないと決心がつかない人、かつ日用品は買わない人なので、通販生活といってもそんな高頻度でもなかったり。

これまでもAmazonではほとんど本は買わなかったんですがね。
今重宝してるのが紀伊国屋書店の新刊お知らせサービス。うちはきゆづきさとこ青田めいと東方ってワードを登録してます。発売日が決まるとメールがくるんですね。新刊がいつ出るかなんて追いかけてないんでありがたい。
そんなのに登録してるのもあって、割と紀伊国屋書店のオンラインストアを使ってます。

JosinWeb

なにかと理由をつけていろんなところに旅行に行きたいと思ってるうちですが、JALとビックカメラのポイント連携がかなり強力なんですね。てことで実店舗のほうではもっぱらビックカメラだったんだけど、ネットのほうでもビックカメラをまあまあ使ってました。
ビックカメラ辺りの便利さはそれとして、JosinWebていう上新電機のネットストアの品揃えが絶妙で侮れないんですよね。法人に納入する用のシンプルな国産パソコンとかたくさん売ってるけど、ほかじゃ見ないと思うんだ。親切な謎ソフトいらないけどアジア系のメーカーにも抵抗があるって方にオススメですよ。あとAmazonと比べるといまいちかもだけど日用品のまとめ買いやフィギュアもJosinWebは強いんじゃないかなと。国産Amazonみたいな方向性なのかもですねー。

JustMyShop

JustSystemの通販サイトでATOKのダウンロード版を買う時ぐらいしか使ってなかったんだけど、周辺機器とかアクセサリ類とか色々売ってて、ここ最近たまに眺めてたりしてます。赤と黒がコーポレートカラー(?)みたいで、JustMyShop限定カラーの色味は結構好きだったり。あきばおー的な謎アイテムもたまに売ってるので面白いかもですよ。

という感じでした。あんまり通販してないのがよく分かる薄っぺらい紹介になっちゃったけど。
よかったらAmazon以外にも目を向けてみると面白いよー、と。

けものフレンズがものすごくよかったって話。

放送開始時

毎期、画像付きで新番組の一覧が見られるサイトで新番組をチェックしてるんだけど、今期はうらら迷路帖しか予約録画はしなかったんですね。けものフレンズは目に留まったけどスルーしてました。ありがちな3DCGモノかなって感じに。タイトルからきらら系の日常モノを目指して中途半端で終わっちゃう感じに見えてちょっとなぁとスルーしてました。「けもの」ってタイトルがまた安直に見えたし。
てことでそんなソシャゲがあることも、キャラデザが吉崎観音だってことも知らなかったでした。

気付いた時

なんとなくTwitter見てたら


この画像、なんかすごくいいなーと思ってニコニコの1話を見てたらものそく楽しめたんでそこから視聴し始めました。テレビで録画して見始めたのが6話。普段のうちだったら3話まで見逃したらほっといてるのに、6話から見始めたなんて。今思うと既に落ち方が異質だった。
その後も、毎週放送される分はだいたい翌日に見てました。で次週の放送が楽しみで仕方ないっていう毎日。ほんとこんな追いかけかたしたアニメ、子供の時以来だ。
そして次週の放送を待ってる間にTwitterとかでは考察班ってハッシュタグを付けた人達が、本編にちらっと映った構造物や言葉尻一つ一つに思いをはぜてるところも楽しかったですよね。
そんな様を見ながらますます翌週が楽しくなっていくっていう循環。「ハンターに倒してもらわないと」って言うだけでその週の放送はハンターのこと何も分かんないままで終わるんですよ。そういえばその前の週で「人の近くにはセルリアンがいた」とか言ってたし、もしかしてハンターって人なのでは!?なんて思ったら気になっちゃうでしょ。もう気になっちゃって。

そんな感じで本編を見終え、もう楽しすぎて春アニメのチェックすらせず余韻に浸ったりしてたのが4月とかの頃。
ガイドブック付きBlu-rayが内容に見合うなぁと感じてその辺もしっかり買い集めてたり。ふっふーん。

でおおかた今にいたるとこです。

アニメシリーズの円盤を買うのは十年以上ぶりだもんで、ほんとハマってるなぁと自分でも思うところ。ちなみにガイドブックが書籍扱いってことなんで、街の本屋で買い集めてみてます。職場に行く乗換駅の本屋で買いそろえたらポイントカードが埋まっちゃいました。えっへん。

あと動物園行きたさが俄然増してきましたね! いや前から水族館とか動物園とか割と気になってて、旅行先のプランに組み込んだりとか休みに行ってみたりとかしたかったんだけど、イベント旅行に動物園とか水族館を入れるのはうちの時間の裂き方を考えるとみんなに悪いし、一人で行くのもどうなん?って思ってたし。でもけものフレンズとコラボとかやってるってんなら、行きたいじゃなく行かなくちゃていう軽い義務感にすら昇華してきてます。ていうかこの間行ったし。それはまたいずれ別記事で。
てことでした。アツいぜ! みんな見ようぜ!