振り向け。君は…ふつうぐらい

うっつーむくないよーふりむくなよー

うちのブログをちょくちょく覗きに来てくれる方から、最近絵を描くのをやめたと報告を頂いたり。
飽きっぽく投げ出したがりな自分ですが、絵だけは「また気が向いたら描こう」と続いてるんで、絵ってそんなやめないといけないもんなのか、自分に当てはめて考えてみたんだけど、そしたらなんでか自分が今までどんなことを考えたり感じたりしながら絵を描いてたかを振り返ってたので、良い 機会だし記事にしてみた次第。
自分語りな上に長いので、今回は読み飛ばし推奨です。

物持ちがいいからか絵についてはなかなか古い絵も残ってて、何気に手元にもいくつかあったりするんだけど、幼稚園入る前の絵とかもあります。
もちろん子供のなんで、よくありがちないわゆる子供の絵だけど、そういえば幼稚園の自由な時間は外遊びしないでブロックとかお絵描きばかりしてたらしいし、そんな感じで多分昔から絵描くのが好きだったんでしょう。

で、幼稚園だか小学校入りたての頃、画用紙が製本された真っ白な本に、物語とかそういうのを描く工作の時間みたいなのがあって、それで描いた絵本が周りにやたらと評価されたりしてた。
これは自分でも割とおぼえてて、というのもその時の先生がうちの絵本をいたく気に入って、先生に絵本をプレゼントしちゃったらしいからであり。勿体無かったなぁ。せめてコピーでもとっておいてあればなぁと今さら思ったり。

で、その後も漫画を描いてはクラス内で見せ回ったり、時には普通のホッチキスでがんばって中綴じの漫画雑誌風の冊子を作ったりもしてました。工作も好きだったからね。このご時世サイト自作し続けててたり、コピー本をきれいに作るためにプリンタ買ったりしてるとこからもおわかりでしょうが。

そんな感じに小学校を卒業するかしないかぐらいの頃に見た漫画の影響で、今の路線の絵を描こうと思うようになったのかな多分。ちなみにほぼ同時期に目茶苦茶遊んだ風のクロノアも今の路線の礎になったのは火を見るより明らか。なんの路線の話かは言うまでもあるまい
それ以降、中学以降は何度かちらつかせたことはあるけど描いた絵をクラスでーってのはなかったかな。
ただ家で「絵なんか書いてないで勉強しろ」って言われるのが嫌で、描いた絵はわりとしっかり管理してたからこの頃からほとんどの絵が残ってる。 逆言うと残るぐらいの絵しか描いてなかったともいえるけど。
この頃何を思って絵を描いてたんだろうってのが全然思い出せなくて、結構気になってるんだよなぁ。プロとかになりたかったのか。趣味で良かったのか。それともこれまで通り仲間内で楽しむつもりだったのか。
ただこういう絵が描きたいってのをを1つに絞ることは出来なくて、その時その時影響されたものに流されながら、でも模写をするような勉強はしてなくて、しかも飲み込みが悪かったから、随分とのんびりとかつ迷走しながら絵を描いてたなーと。
自分の成長が一枚で分かったら楽しいなみたいな考えで、もう15年前から同じような角度で絵を描いてる紙があるんだけど、最初の数年はほんとに迷走って感じ。目が小さくなったり離れたり。

そして今周りにいる人達が絵描きとして周りにいるようになった高校で、自分の絵のレベルの低さが分かって、この時点では既にプロなんて有り得ないって自覚してた気がします。それまでのことは覚えてないって意味でね。
また、ほぼ同時期にPETS小屋ってホームページを立ち上げてまして、ネットの人達と交流してたりも。そのサイトはとあるアニメのファンサイト的なやつだったんですが、その縛りが面倒で自分で思いついたことをなんでもやるホームページとして分裂させたのがてこまいなのです。ちなみにてこまいは高二の夏からやってました。皆さんの高二夏はどんなでしたか?──と急に投げかけてみたり。
てことで、このぐらいからはweb日記だとかブログだとかの記事が残ってるんで、その辺を見れば色々思い出せるんでしょうが、見るのも書くのも面倒なので省略。
ただなんとなく、サイトにこもって絵とかを描き続けて、それを見に来てくれる人がちょいちょいいてくれればそれでいいなーってスタンスでしばらくやってましたねぃ。

そういうまったりした状態ながら、桜燃センセが同人誌を描いて即売会で売ったり、みとセンセも始めたりし始めたんですね。ちなみにうちもやってみたい気はしてたけど、締切を決めて動くことが出来ない体質だし、超遅筆だから一生漫画なんて完成させられないだろうし、同人なんて無理だろうなぁと諦め半分にスルーして傍観に浸ったり。
と、眺めてたら気付いたら仕事を始めてたり。当たり前だけど、仕事を始めるとだらーっとしてる時間なんてのがものすごくなくなって、夜寝るまでのちょっとした時間に出来るお絵描きって趣味をすごく重宝するようになってたり。
で、ある時みとセンセに誘われて描いたのが、サークルサイトの下の方に載ってる「非天則に出させてください」に描かせてもらったオリンワークスでした。で、今に至る、と。

まぁ時間軸で見れば結構長いんだけど中身はスカスカなんだよな。この年数ほど上手いのか?って訊かれれば圧倒的Noですもの。
でもだいぶ前だけどガンスリンガーガールって漫画で読んだこれ

元の絵があればなと思って探したけどパロしかなかったって言う。自分だけかもだけど、しばらく描かないでいても意外と描けるんですよね。だからなんだって言うのもなんか難しいんだけど。
同人誌を書き続けるのとかサイトを持ち続けるのとか、そういうのはある程度継続していかないと難しいけど、それを一旦絶ったとしても自分で絵を描き続けることはできるんすよね。他の趣味だとこう言うのってなかなか難しいと思うんだ。ヨットが趣味な人はヨット手放したら何も出来なくなっちゃうし、サックス吹く人はサックスがなかったら多分何にも満たされないと思う。でも絵を描く趣味なら、紙と鉛筆があれば間に合うし、さらに言えば、小石があれば道路に描けるし、砂地や土なら指でも描ける
──最初に戻っちゃうようだけど、何故やめると断言しなければならなかったのか、なんか複雑なのです。…まぁでもこれは個人の事情なんで、察しきれないし訊くことでも無いとはわきまえてるんで、訊きたいとかそう言うわけじゃないんですが。
ただ、もし何かふと余力というか、ふとした時間に思いついたらまた絵を描いてみて欲しいと思うんだ。多分意外に描けるし、もしかしたら案外ちょっと上手くなってるかもしれないし。そこでまた絵を再開とかしたら、見せて欲しいのです。
以上でしたー。

“振り向け。君は…ふつうぐらい” への2件の返信

  1. ごめんなさい。理由をしゃべることはできませんが、本当はものすごい絵が描きたいです。自分なりのけじめをつけたかったのですが、やっぱり無理です・・・・。わがままな自分を許してください・・・・。

  2. どうもですー
    理由を聞いたところで、うちなんかが解決できるもんじゃないってのはだいたい承知なので、それはお話し頂かなくても大丈夫です!
    ただ描きたいって思ってくれてたのはすごくよかった。もし絵が嫌いになって離れていったんだとしたら寂しい。
    記事内でも書いたけど誰に強制されるモノでもないから、ふと気が向いた時とか、余裕が出来た時にまた描いてみてくださいなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。